Rebusfarm Newsticker Latest
Limited-Time Offer: 30% GPU Discount! +++ Discount applies automatically to all GPU Render Jobs until June 19th, 2024! +++ Check our blog for details +++

3dsMaxとArnoldレンダラーでジョブを送信する方法

Arnoldレンダラーを使用して3dsMaxでシーンを開きます。 次に、レンダリングセットアップを開いて、シーンをオンラインでレンダリングする準備をします。

Arnoldレンダラーを使用した3dsMaxの3Dレンダリングセットアップ

'Time Output'セクションで、単一のフレームまたはアニメーションをレンダリングするかどうかを設定します。 セクションで、'Output Size'レンダリング解像度を定義できます。

出力を保存するには、共通タブに戻り、'Render Output'で'Save File' オプションがオンになっていることを確認します。 'Files...'をクリックして、オンラインでレンダリングする画像の出力名とレンダリング形式を定義します。

フォーマットを選択し、パスを保存して出力名を設定します。 その後、'Save'をクリックします。

Arnold Renderer' タブに移動し、サンプリング品質を設定します。 サンプリングレートを上げると、画像のノイズ量が減少します。 これらの値はレンダリングクラウドでのレンダリング時間に影響するため、オンラインでレンダリングするジョブを送信する前に、ローカルテストを行ってください。

3ds Maxのレンダリング設定を閉じ、ツールバーの'Render now'をクリックして、RebusFarmのレンダリング設定ウィンドウを開きます。

3dsMaxツールバーのRebusFarminizerアイコン

RebusFarmセットアップウィンドウの各オプションの詳細については、'3dsMaxを使用してジョブを送信する方法'を参照してください。

RebusFarminizerセットアップウィンドウ

RebusFarm設定を構成した後、RebusFarmセットアップウィンドウの下部にある'Upload to RebusFarm' ボタンをクリックしてください。レンダークラウドにあなたのジョブが送信されます。

RebusFarmメッセージ用の新しいウィンドウが開き、シーンに含まれるすべての関連情報、警告、およびエラーが表示されます。

Rebusレンダーファームメッセージウィンドウ

エラーメッセージが表示されない場合は、'Send to RebusFarm'をクリックして、ジョブをレンダークラウドにアップロードしてください。

Rebus Farminizerは、レンダリングに必要なすべてのアセットを含むレンダリングジョブをアップロードします。 ControlCenterにアクセスすると、アップロードとレンダリングの進行状況を確認できます。 アップロードプロセスが完了すると、アップロードする前に 'Autostart render'オプションをアクティブにしていると、レンダリングプロセスが自動的に開始されます。 そうでない場合は、ControlCenterの 'Start render'ボタンをクリックして、手動でレンダリングを開始する必要があります。 ControlCenterの詳細については、'ControlCenterの使用方法'セクションを確認してください。

レンダリングジョブが完了するとすぐに、結果がレンダリングクラウドからレンダリング構成で設定した出力保存パスに自動的にダウンロードされます。