Rebusfarm Newsticker Latest
Limited-Time Offer: 30% GPU Discount! +++ Discount applies automatically to all GPU Render Jobs until June 19th, 2024! +++ Check our blog for details +++

RebusFarmについて

RebusFarm was founded in Cologne, Germany in 2006. RebusFarmは2006年にドイツのケルンで設立されました。

レンダーファームは、3Dアニメーションの分野で高まるレンダリング能力のニーズを満たすことを目的としています。 RebusFarmは、ホストアプリケーションやセカンダリレンダリングアプリケーションを含む、すべての一般的な3Dアプリケーションをサポートします。さらに、RebusFarmは、顧客とのサービス指向の連絡を維持しながら、可能な限り最大のレンダリング容量を最も手頃な価格で提供することを目標としています。

2009年、RebusFarmはFarminizer Softwareを公開することにより、レンダーファームを3Dアーティストのワークフローに統合する、まったく新しい独自のコンセプトを発表しました(特許出願中)。この革新的な新しいコンセプトにより、ユーザーは独自の3Dソフトウェア内からレンダーファームの機能に完全にアクセスできるようになりました。

2015年2月にリリースされたRebusFarm2.0は、ControlCenterとRebusDropをFarminizerに追加しました。これらの2つの新しいコンポーネントにより、ワークフロー全体がさらに直感的で簡単になりました。新しいControlCenterにより、ユーザーはレンダリングジョブどこからでも管理および監視できます。さらに、安全なファイル転送、より高速なプロジェクトエクスポート、自動更新など、その他のいくつかの機能がレンダーファームのソフトウェアに追加されました。

2019年9月、RebusFarmは最新のソフトウェアイノベーションであるRebusFarm3.0をリリースしました。 ControlCenterの完全リデザインと、バッチレンダリング/テイク、事前アップロード、新しいプレビュー、再送信機能などの機能により、ソフトウェアとして新しいレベルに引き上げられました。

今日、RebusFarmは、容量、価格、信頼性、配信速度の点でマーケットリーダーであり、レンダーファームサービスをさらに改善するための新しいテクノロジーを継続的に開発および研究しています。



RebusFarm メディアキット


メディアキットには、さまざまな色とフォーマットのロゴが含まれています。また、当社の使用ガイドラインも掲載されています。当社のブランドを冠したコンテンツを公開する前に、これらのガイドラインをよくお読みください。



レンダーファームハードウェア

必要なもの、つまり純粋なコンピューティング能力を正確に把握しているため、常に最新のハードウェアを使用しています。すべてのレンダリングジョブで完全なレンダーファームパワーを得られます。

500 i9 x 18 x 2.60 GHz = 23,400.00 GHz
2000 XEON x 10 x 2.20 GHz = 44,000.00 GHz

Rebusレンダーファームのハードウェア提供

レンダーファームパワーの合計

  • 92,360 GHz
  • Cinebench: about 4.7 Mio.
  • 465,664 cores
  • 26,259 Octanebench

サーバータイプA

  • AMD Threadripper 3970X
  • 32 x 3.7 GHz
  • 128 GB RAM

サーバータイプB

  • Intel i9-7980XE (18core)
  • 18 x 2.6 GHz
  • 64 GB RAM

グラフィックスプロセッシングユニット(GPUレンダーファーム):

  • それぞれ217Octanebenchを搭載した最新のGPU

オペレーティング・システム

  • Win 10


レンダーファーム - グリーンパワー


持続可能なレンダーファームサービス

持続可能なレンダーファームサービス

RebusFarmは、レンダーファームサービスを提供するリーディングカンパニーです。私たちはサステナビリティに取り組み、業界におけるリーダーシップを発揮し続けています。

レンダーファームは、高品質のレンダーを生産するために多大なエネルギーを必要とし、従来は再生不可能な資源から供給されてきました。しかし、RebusFarmでは、私たちが住む地球への優しさを大切にしています。持続可能性を優先し、グリーンエネルギーソリューションを採用することが不可欠だと考えています。

RebusFarm Render Serviceは、サステナビリティを向上させ続けるために、グリーンエネルギープロバイダー、エネルギー効率の高いハードウェア、インテリジェントな管理ソフトウェアの3つの要素に着目しています。

グリーン電力プロバイダー

私たちは、ドイツの大手エネルギー会社であり、持続可能なエネルギーに関する最も権威ある企業の一つであるラインエナジー社からグリーン電力を調達しています。

そのグリーン電力は、西ヨーロッパと中央ヨーロッパの相互送電網(ENTSO-E)に接続された発電所の再生可能資源から100%生み出されています。アルプス山脈の水力発電所や、風の強い近隣諸国の風力発電所などです。

ハードウェアの効率性

レンダーファームのレンダリング時間あたりの消費電力を最適化するため、最新の省エネ技術を中心にハードウェアを購入し、処理密度の高いCPUのみを使用しています。これにより、古いローコアCPUやGPUのような表面的に安価な技術を排除しています。

インテリジェントソフトウェアマネジメント

パフォーマンスを最適化し、カスタマイズされたレンダーファーム管理ソフトウェアは、重要でありながら目に見えないエネルギーの節約をもたらします。当社のインテリジェントなソフトウェア管理は、レンダリング結果の予期せぬ驚きからお客様を守るだけでなく、冗長なレンダリングを避けることでレンダーファームの不必要なエネルギー消費も削減します。私たちのレンダーファーム開発努力は、お客様と環境の両方に利益をもたらすために、最高の効率性を目指しています。

全体として、RebusFarmは持続可能なレンダリングサービスを提供するために、これらの重要な要素を常に改善するように努めています。そして、私たちのサービスを利用することで、二酸化炭素排出量の削減にプラスの効果をもたらします。お客様がどの程度貢献されているのかを知るには、コスト計算機をご覧ください。