Rebusfarm Newsticker Latest
Limited-Time Offer: 30% GPU Discount! +++ Discount applies automatically to all GPU Render Jobs until June 19th, 2024! +++ Check our blog for details +++

Cinema4DとStandardレンダラーを使用してジョブを送信する方法

オンラインレンダリングするシーンをCinema4Dで開き、レンダリング設定を開きます。

Standardレンダラーを使用したCinema4Dの3Dレンダリングセットアップ

Output'タブで解像度を決定し、フレーム範囲を設定します。

Save'タブで、レンダリングする画像の名前とパスを設定します。 マルチパスを使用している場合は、パスと名前も設定します。

'Global Illumination' タブで、必要なレンダリング設定を構成します。 良質な結果が得られるように選択してください。ただし価格に影響するため、計算が長すぎないようにしてください。

ジョブをレンダークラウドにアップロードするには、Cinema 4Dレンダーセットアップを閉じ、RebusFarmタブからRebusFarmセットアップウィンドウを開くか、キーボードのCtrl + Shift + Fを押してください。

Cinema4DツールバーのRebusFarmレンダリング設定

RebusFarmセットアップウィンドウの各オプションの詳細については、'Cinema4Dジョブの送信'を参照してください。

Rebus Farminizer セットアップウィンドウ

RebusFarm設定を構成した後、RebusFarmセットアップウィンドウの下部にある'Upload to Rebus Farm'ボタンをクリックしてください。

Rebusレンダーファーム メッセージウィンドウ

RebusFarmメッセージ用の新しいウィンドウが開き、シーンに含まれるすべての関連情報、警告、およびエラーが表示されます。

エラーメッセージが表示されない場合は、'Send to RebusFarm'をクリックして続行してください。

Rebus Farminizerは、レンダリングに必要なすべてのアセットを含め、ジョブをレンダリングクラウドにアップロードします。 ControlCenterにアクセスすると、アップロードとレンダリングの進行状況を確認できます。 アップロードする前に'Autostart render' オプションをアクティブにしていれば、アップロード完了後レンダリングプロセスが自動的に開始されます。 そうでない場合は、ControlCenterの'Start render'ボタンをクリックして、手動でレンダリングを開始する必要があります。 ControlCenterの詳細については、'ControlCenterの使用方法'セクションを確認してください。

レンダークラウドでジョブが完了すると、結果はレンダー構成で設定した出力保存パスに自動的にダウンロードされます。